エンジニアリング

1. 機械・周辺機器の修理サービス

ウイスマ・エンジニアリング (VN) は、産業機械、及びその周辺機器の修理作業を、20年以上の経験を有する技術チームによって提供しています。

お客様の生産ラインと機器構成に応じて、最速で復旧する修理方法を行えるよう、アドバイス・サポートを行います。

また、修理方法は機械メーカーの基準・規則に則ったものであり、交換部品の選定もお客様のご判断を優先します。

  修理サービス手順

-ステップ1: 状況確認と説明

-ステップ2: 修理計画の策定

-ステップ3: 修理作業実施

-ステップ4: 復旧後の試運転 

-ステップ5: 試運転終了後、顧客へ引き渡し

-ステップ6: 生産運転中、機械の状態を再確認

2. 機械・周辺機器の据え付けサービス

ウイスマ・エンジニアリング (VN) は、産業機械・周辺機器の据え付けサービスを機械メーカーの基準・規則に則り、20年以上の経験を有する技術チームによって実施します。お客様の前で吊り上げ~所定の場所へ設置するという作業を実行します。

 

   設置・据え付け作業の手順

-ステップ1: 状況確認と説明

-ステップ2: 輸送と受け取りの計画策定

-ステップ3: 設置・据え付け作業実施

- ステップ4: 設置・据え付け後の試運転 

-ステップ5: 試運転終了後、顧客へ引き渡し 

-ステップ6::生産運転中、機械の状態を再確認

3. 点検サービス

ウイスマ・エンジニアリング (VN) は、産業機械・周辺機器の点検サービスを指導 提供しています。

毎日の始業前点検、及び月次・年次点検を実施することにより、機械の損傷から生産ロスを引き起こす、主要部品の破損を低減します。

・日常点検:点検項目に応じて、簡単かつ迅速に実施できます。

・月次点検:機械の内部部品に対して、より詳細な項目を確認します。 月次点検は、日常点検よりも時間がかかります。

・年次点検:機械の総合的な検査の一つであり、損傷の原因となることが多い部品を判断し、お客様へ適切な情報を提供するために、機械に関する深い知識と専門性が必要です。

機械の寿命を向上させ生産能力を増強するためには、毎日の点検と毎年の点検が不可欠です。

残念ながら、現在のベトナム企業では予防保守に対する興味が低く、故障が発生した際にその修理を行うのが通常です。機械の故障が発生しない限り、点検や修理は行われません。

機械を定期的に点検することにより、故障が発生したとしても修理費用を最小で抑えられることにつながります。

定期的な点検を行わない場合、故障が生産停止を引き起こし、大幅なコスト増加を招きます。

従って、日常点検と定期点検は非常に重要です。

生産停止や修理コストの増加を避ける意味からも、機械・周辺機器の点検を実施しましょう。

 

  点検サービスの手順

-ステップ1: 状況確認と説明

-ステップ2: 点検計画の策定 

-ステップ3: 点検作業実施

-ステップ4: 点検後の報告書作成(推奨交換部品の記載含め)

-ステップ5: 点検終了のスタンプ捺印後、顧客へ引き渡し

-ステップ6: お客様の指示による部品交換費用を含めた点検費用の請求処理